<   2008年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧


富士山7

感想

富士山登山の難易度は高くない。

富士山は比較的簡単に登れると思う。
確かに疲れるが、道は非常に整備されているので、昔、国会でやっていた牛歩のようになっても、右足と左足を交互に前に出せば、いずれ山頂に着く。

ただし、高山病は怖い。
あちらこちらで横になってダウンしている人、吐いている人が居た。

くまごろも、夜、軽い頭痛と寒気がした。
脈もいつもより速かった。
久しぶりにプールに行って、泳ぐのを頑張りすぎた感じ。
脳に酸素が足りません。

他に、辛かったのは孤独。
○下の浅間神社から馬返しまで
○5合目から6合目まで
○御殿場口までの大砂走り
この区間は誰かと一緒に歩くことをお勧めする。

f0117673_22191622.jpg今年も何回か目撃されたらしい
おそらく、くまごろを仲間とは思ってくれないだろう
リュックサックに鈴を付けていった

f0117673_22202798.jpg砂走り
会社の上司が”1歩で3mは進めるよ”と言っていたので、楽しみにしていた
御殿場口を選んだ目的でもある

3mは進めないが、1.5mくらいは進める
新雪の斜面をスノーシューで降りていく感じ


しかし、霧で、前も横も見えない、誰も居ない
聞こえる音は、自分の足音と、鈴の音だけ
[PR]

by quma56 | 2008-08-25 22:26 |

富士山6

持って行けば良かったと思った物

○星座早見盤

ご来光を見るために、夜2時ごろおきて山頂まで行く。
雲の上だし、空気も澄んで、泣きたくなるほど星が美しい。
ちょうど、しし座流星群が接近するころで、流れ星が沢山落ちていた。

次、富士山に登ることがあるとすれば、星を見に行くのだと思う。
f0117673_21582851.jpg夜登る人々

明かりはヘッドライト

くまごろの携帯電話の写真機では星は写せない
残念
f0117673_220098.jpg朝日を浴びた噴火口
この周りを回るお鉢めぐりもした


f0117673_2215718.jpg観測所
日本で一番高い場所?
[PR]

by quma56 | 2008-08-25 22:02 |

富士山5

無くした物

○長袖の上着
○タオル
○ごみ

新宿の妹の家から、歩いて新宿駅まで行き、5時くらいの電車に乗った。
余り寝ていなかったため、電車の中で爆酔。
気が付いたら高尾駅だった。
そして気が付いた。シャツが無い・・・。
そして、雨が降っている・・・。

乗り換え前の電車の中のも無かったので、シャツは諦めた。
携帯電話で天気予報を見ると、昼間の天気は悪くない。
とりあえず、麓まで行ってみることにした。
f0117673_21283089.jpgなんだかんだ言って、
新調したレインウエアを使ってみたかったのかもしれない。

これは、登頂のときの写真



タオルは、山小屋の枕に巻いたまま忘れてきてしまった。

富士山は、ごみは持ち帰らなくてはならない。
くまごろも、大事に抱えてきたが、御殿場から、温泉会館に行くバスの中に置き忘れてしまった。
バス会社の方、ごめんなさい。
f0117673_21422431.jpgバス停から温泉会館までの道

富士山と、御殿場駅前の気温差は大きい
5合目からバスで降りてきた当初、息が出来ないかと思った
このまま帰りたくなったが、電車も無いので、とりあえず温泉で休むことにした
風呂に入り、昼飯を食べて見事復活!
[PR]

by quma56 | 2008-08-25 21:46 |

富士山4

使わなかったもの

○レモン
○酢昆布
○カロリーメイト (1.5/3箱)
○キャンディー (1袋ー8個)
○チョコレート
○レジャーシート
○銀色の毛布

山に行くときは、もしも遭難したときのためにと余分に食料を持っていく。

f0117673_2132363.jpgしかし、
6合目から上は頂上が見えるし、
人が列をなしているので、
遭難しようがなかった。

f0117673_2153412.jpgむしろ、麓の浅間神社から、車の停められる最高地点の馬返しまでに会った人はたった一人。
こちらのほうが、事故になったら危険性は高いかもしれない。

富士吉田の観光協会では、”下から登るのが最近の流行”と書いてあったが、主流ではないようだ。

ところで、観光協会の方々が、馬返しの上でお休みどころを開いていた。
”何処まで行くの””頂上です”
”何処から来たの””銚子です”
”何できたの””電車です”
”何処から歩いているの””富士吉田の駅です”
”何時から歩き始めた””8時ちょっと前です”
”運動は週にどの位しているの””ほとんどしていません”
”運動部?””う~ん”
とアンケートが終わると、水やお茶、キャンディー、アミノバイタルの試供品などをもらった。
ここで、登山道の各要所間の時間が書かれた地図をもらった。かなり重宝した。
f0117673_21162050.jpgやっと人に会えて嬉しく、
つい30分くらい休んでしまった
ここで、水も補給出来た
+上で500ml買ったので、
計3L位の消費
[PR]

by quma56 | 2008-08-25 21:18 |

富士山3

持ち物

総重量は6キロまでと決めた。
9年前にインドを旅行にする際、どのくらいの重さなら1日中歩き続けるのかを調べた。
その結果、次の日に疲れを残さずに歩けるのは、10kgだった。
あれから体力も衰えているし、山登りということもあり、自分の限界はこのくらいだろうと推定した。

持って行ってよかったと思う物
○飲み物 約1.8L
○貼るホッカイロ
○コルセット

夜寝ていたら、軽い高山病になったようだ。
山小屋の営業は終わっているし、余分に水分を持って行って良かった。

また、山小屋で1つの布団で3人寝なくてはならないため、布団からはみ出してしまい寒かった。ホッカイロのお世話になった。

また、これだけの人が詰め込まれていると、くまごろは十分に寝ることが出来なく、うとうとしては、1時間ごとに目が覚める。
このような山小屋は、なるべくなら泊まりたくない。
ただ、従業員さんの対応は、非常に丁寧で気持ちが良かった。

また、腰痛もちのくまごろとしては、コルセットなしには山に登れなかっただろう。
加えて、”女子高校生効果”とでも呼ぼうか、体の幹を暖めていると、寒さに強い。
8合目付近で、霧が吹き荒れる中、周りの人は震えていたが、くまごろは半そででも大丈夫で、周りの人から”寒くないの?”と言われていた。
f0117673_20423761.jpg泊まった山小屋
8.5合目

f0117673_20433353.jpg夕食
ここで、富士山に何度も登っている
おじ様おば様の話を聞く
頂上情報GET

f0117673_2047448.jpg雲の上の富士山の影
(影富士?)も見えた
[PR]

by quma56 | 2008-08-25 20:48

富士山2

富士山には1泊2日で行った。
その理由は、

1.山小屋に泊まってみたかった。
2.富士吉田の駅から登りたかった。
3.銚子は遠かった。
2.最近体を鍛えていなかったので、日帰りの自信がなかった。
4.一人で登った。

ご来光を見るためには、夜登り始めるということも出来る。
しかし、今回は、富士山登りを希望者する友達と、日程が合わなかったので一人旅になった。
さすがに、夜、5合目よりも下を歩く人は居ないだろうから、もしものことを考えてやめた。

f0117673_20114370.jpg歩き始めの鳥居
曇っていたので富士山は見えない
[PR]

by quma56 | 2008-08-25 20:13

バーベキュー

お盆休みに実家に帰り、なぜか友人の家族バーベキューに飛び入り参加してしまった。
ほっぺたが赤くてかわいらしかった弟妹が、いつの間にか大人になり、子供まで生まれていたのには驚いた。
沢山の家族が集まっているのを見ると、ちょっとうらやましくなる。
[PR]

by quma56 | 2008-08-25 19:54

ウィキッド

友人お勧めの、ミュージカルを見に行った。
意外なストーリー展開であったが、迫力のある歌でとても良かった。

本で読んでも納得できないものでも、舞台になると、妙に感動してしまうのが、不思議である。
[PR]

by quma56 | 2008-08-25 19:48 | 音楽

花火

父が家に遊びに来たので、街中まで夕食を食べに行った。
ご飯を美味しく食べていたら、外で花火の音がした。
どうやら、波崎の花火大会らしい。

そそくさと食べ終えて、1時間くらい眺めることが出来た。
なんだか得した。
[PR]

by quma56 | 2008-08-25 19:45

富士山

この夏休みは、富士山に登ってきた。
7年前のゴールデンウィークに富士吉田の駅から5合目まで登って以来、登頂は憧れであった。
とりあえず写真をアップしたので、気が向いたら見てくだされ。
ここ→Yahoo!フォト

f0117673_2191698.jpg日記は後ほどに
[PR]

by quma56 | 2008-08-17 21:09 | 自然
line

東京での新生活


by quma56
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31