<   2008年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧


軽トラ

先日軽トラを運転していたら、溝に落ちてしまった。
トラクターで引っ張りあげてもらい、無事助かった。
チームの方々には、感謝感謝である。

今日も、運転することになった。
落ちた日以来で、どきどきであったが、何も起こらなかった。
良かった良かった。
あの日は、暗い夜道が原因だったのである。
[PR]

by quma56 | 2008-07-31 22:49

7月

7月も今日で終わりである。
ガソリンスタンドに行ったら、物すごく混んでいた。
加えて、セルフなのにタンクに給油する人も居た。
(↑しかもポリタンク。良い子は真似をしちゃいけません)
明日から、また値上げをするのだろうか?

ついでに、セルフの機械洗車もしてきた。
余りに汚かったためか、汚れの落ち具合がいまいちである。
涼しいときを狙って、手洗いをしよう。
[PR]

by quma56 | 2008-07-31 22:45

梅酒

会社の人に、梅酒をもらった。
さっぱりして美味しかった。
梅は、漬けてから2週間ほどで引き上げるのが良いのだと。
皆さんもお試しあれ。

所で、くまごろは周りの人によく食べ物をもらう。
美味しそうに食べるのが良いのだろうか?
まさに、”熊の餌付け”である。
[PR]

by quma56 | 2008-07-31 22:32 | 食べ物

さんま

もう少ししたら、新さんまの季節である。
そのためか、冷凍さんまがむちゃくちゃ安かった。
5尾99円
つい買ってしまい、全て蒲焼にした。
たれで煮る前の、焼いただけでも美味しい。
煮た後も美味しい。
弁当に入れて冷めても美味しい。

幸せ。

ただし、魚を3枚に下ろしたら、包丁が切れなくなってしまった。
砥石を買って、砥ぐ練習をしよう。
[PR]

by quma56 | 2008-07-31 22:28 | 食べ物

風呂

今日泳ぎに行こうと思ったら、水着を忘れてしまった。
悔しいので、プールの近くの入浴施設に行った。

実は、会社の近くの入浴施設が来年までお休みなので、車で20分ほどかかる、プールの近くのもう一つのところまで行かなくてはならない。
噂では、温泉を掘っているとのことだが、早く再開してほしいものである。
[PR]

by quma56 | 2008-07-31 22:24

今月は、庭の手入れ月間である。
TOEICもとりあえず終わったし、雨の降る確率も減ったし、日が昇るのは早い。
ということで、近所迷惑のぼさぼさの庭を何とかしなければならない。
暑く、蒸散の多いこの季節に切るのは、木にとってちょっと酷であるような気がするが、くまごろの予定にあわせてもらうしかない。
広い庭は、野菜を作ったり、バーベキューをしたりと便利なのではあるが、手入れは面倒なのである。
f0117673_22444255.jpgアメシロが発生していた。

発見が遅く、分散してしまっていたために、桑の葉を丸刈りにしなければならなかった。
[PR]

by quma56 | 2008-07-27 22:49 | 自然

宿

今月は、泊りがけの出張も何度かあった。
最近はweb上で予約が出来、大変便利である。

今回は空いていたのか、直前予約64%OFFで泊まることが出来た。
セミダブルベッドのツインの部屋をシングルユースである。
海外旅行の1泊目を日本で取ると、このような部屋に泊まることもあるが、普段ではめったにない。
得した気分である。
f0117673_2229957.jpg
夕食のデザートを先輩に取られそうになる図

f0117673_22313214.jpg湖に居たヤドカリとカニ
f0117673_22314723.jpgプリティー♪
[PR]

by quma56 | 2008-07-27 22:33

観劇

先日、「道元の冒険」という劇を見に行った。
久しぶりの観劇であった。
テンポが良く、面白いジョークもふんだんに盛り込まれて気に入った。
また、俳優さんたちの、良い声も大好きである。
ただ一点、劇の中で、農薬が光化学スモックなどと並べられて悪者扱いされていたのは遺憾である。
農薬は、使い方によっては、危険なものになる場合もあるが、本来、医薬品と同様有益なものなのである。
[PR]

by quma56 | 2008-07-27 22:18

ミサ曲ロ短調

先日、以前くまごろが所属していた合唱団の演奏会を聴きに行ってきた。
バッハの大曲を暗譜で歌うことは本当にすごいと思う。
覚えることもさることながら、それだけ練習を重ねていることにも拍手を送りたい。

その演奏会のソリストに、幸田浩子さんがいた。
彼女は、月曜の出勤時に聞いている”気ままにクラシック”というラジオ番組をやっている人である。
ラジオを通して聞く声と、歌っている肉声がこんなにも違うものかと驚いてしまった。
[PR]

by quma56 | 2008-07-27 22:06 | 音楽

篳篥

今月前半は、やたらと出張が多かったため、篳篥を吹く時間が余りなかった。
代わりに、CDを良く聴くことにしてみた。

雅楽では、オケと異なりスコアというものがないらしい。
だから、ほかの楽器との関連を知るには聴いて覚えるしかない。
曲の長さは短いし、楽器も少ないのだが、なにやら理解できないハーモニーがあるし、記憶力は悪くなっているしで、なかなか難しい。

いつも合奏は、”とりあえず先生に合わせておけば良いや★”と思っていたのだが、先日のお稽古では、たまたま先生がお休みであった。
CDを聴いた成果を発揮出きるか?!とちょっとどきどきであったが、
なんと、
自分の音で、ほかの楽器の音が聞こえない
のである。

そりゃあ、チェロよりは音の出てくる場所が耳に近いし、篳篥は音が大きいので聞きにくいかもしれないが、どうすればよいのだろうか。
慣れる?

とりあえず、出張帰りで疲れていたので、集中力が落ちていたことにしておこう。
[PR]

by quma56 | 2008-07-27 21:55 | 音楽
line

東京での新生活


by quma56
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31