<   2007年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


機械

厚生労働相が、女性を”産む機械”と表現し、問題になっているらしい。
くまごろも、人(だけでなく生物一般)を機械と表現することがあるが、使い方は異なる。
生物学の世界に居るものとして、生命の神秘さと複雑さをたたえ、”超精密機械”と呼ぶことがある。
これを理解している仲間内での使用例。
・・・・・・
ある人曰く、
”くまごろでも風邪をひくことがあるんだね”
”精密機械だから故障もするのさ”
・・・・・・
これは、洒落た(本当か?)返答といえよう。
今回の発言は、内輪の話ではなく大衆に向けてである。
しかも、政治家は”人”ではなく”人間”を扱う仕事であろう。
反発を食らうのも、当たり前。
[PR]

by quma56 | 2007-01-29 20:51

古道具

食べ物の話ばかりなので、たまには違うものを。

くまごろの趣味に古道具屋回りがある。
最近、リサイクルショップといった洒落た名前のついている場所があるが、そこも含まれる。
骨董品屋も含まれる(予算の都合で買うのは少ないが・・・)。
昨日は、大変天気が良かったので、車で出かけることにした。
本当は、自転車で出かけたいのだあるが、何しろ銚子付近は店の数が多くないため、いくつも回るには車で行くに他ならない。

そこで、失敗をした。
あるお店で、飾ってあった絵を手に取ったところ、空中分解してしまった。
持ち方が悪かったのか、驚いた。
お店の人は、危ないので、そのまま置いておいて下さいと言ってくださった。
弁償しないで助かった。というより申し訳ない。
これからは、お店の人に取ってもらうことにする。

このように、想定外のことが起きたとき、くまごろは必要以上に動揺してしまう。
こんなとき、落ち着いて対処できるようになりたいと思う。
とはいっても、対策は思いつかない。
やはり場慣れか?
f0117673_2103676.jpg
絵を壊したのとは別の店で買った置物。
ブックエンドに最適☆
[PR]

by quma56 | 2007-01-28 21:02

いよかん

くまごろの職場は単身赴任者が多いので、金曜日には何かと食べ物をもらえる。
来週までもたなそうなバナナや野菜類であるが、昨日はいよかんをもらった。
甘くておいしかった。
いよかんが出回ってくるとそろそろ春か?といった雰囲気が漂ってくる。

実は、くまごろは柑橘類が大好物である。
先日みかんを箱買いしたように、季節の柑橘がいつも家に待機している。
欲を言えば、歯ごたえのあるものをより好む。
八朔や、甘夏は、硬い表皮が手ではむきにくいが、実においしい。
そういえば、ここしばらく夏みかんを食べていないが、出回っているのだろうか。
小学校の教科書に”これは、夏みかんのにおいですか?”で始まる、「車の色は空の色」という話があった。
思い出すだけでも、なぜか暖かい気持ちになる。
とくに、現在荒んだ生活をしているわけではないのに不思議だ。
[PR]

by quma56 | 2007-01-27 12:37 | 食べ物

ご飯

先日米が切れたので、正月に来た両親が置いていったご飯のパックというものを食べてみた。
感想;量が少ない
味は、炊き立てのご飯とはいかないが、なかなか美味しい。
冷凍した米と同じくらいである。
プラスチックの容器に入っており、水も加えないで電子レンジで暖めると食べられる。
容器もそのまま使える。
昔、親が袋に入った赤飯を湯で煮て出してくれたことがあったが、その進化バージョンか?
何よりも驚いたのは、保存である。
消費期限は8月。
8ヶ月以上(製造月は分からない)も常温で保存できる。
その技術にはびっくり。
どうやっているのだろう。
[PR]

by quma56 | 2007-01-25 23:15 | 食べ物

銭湯

今日、近くの入浴施設に行ったら、男湯と女湯を間違えて入ってしまいそうになった。
ボーとしていたので、一週間交代で場所が変わるのをすっかり忘れていた。
危うく犯罪になるところだった。

ところで世の中の人々は、ボディーソープで顔を洗うのだろうか。
先日、ボーリング大会の景品で当たった”きれいきれいきれい”という名の、小学校で使ったレモン石鹸のようなにおいのするボディーソープを使った。
すると、顔が赤くはれ上がってしまった。
会社の人に話すと、ある人に顔は洗うものではないと言われてしまった。
今までくまごろは、家でボディーソープを使ったことはなく、石鹸の愛用者だ。
今日行った、入浴施設のボディーソープで顔を洗っても大丈夫だし、愛用の4個150円くらいの石鹸でも大丈夫だ。
ただ、相性が悪かっただけだろう。
とりあえず、我が家のボディーソープは降板し、手洗い専用として、第2の人生を歩んでいる。
[PR]

by quma56 | 2007-01-24 22:25

価値観

昨日なれないことをした反動か、今日は一日中ボーとしていた。
やることがないので、お好み焼きと、餃子を両方作ってしまった。
加えて、みかんを20個近く食べている。
実はこのみかん、箱買いをしてしまいまして、1箱4800円/10kgという普段では考えられないほどの値段なのである。
さっきまで、ネットショッピングで5000円の服を買おうかどうか、散々まよってやめたのに、飲み食いのことになるとぽんと景気良く買ってしまう。
くまごろの場合、衣服がそれほど重要視されないポジションにいるので、この価値観はそれほど問題ないと思うが、どうであろう。

さて、腹も膨れたし、勉強でもするか・・・。
[PR]

by quma56 | 2007-01-21 18:55 | 食べ物

図書館

昨日(20日)は久しぶりに良く勉強した。
会社をサボった(有給をとった)くまごろは、やることがないので、危険物取扱者の勉強をすることにした。
センター試験当日なので、受験生のいない図書館はがら空きだろうと思い、外で勉強することにした。
くまごろは魅力的なものにつられて、家では勉強ができない。
高校時代の宿題も、受験勉強も、電車の中、学校、または図書館でやっていた。
図書館は、周りの人の真剣な態度につられて、よく頑張れる。
実質6時間くらい勉強したかもしれない。
それに加えて、暖房代も節約できるので、一石二鳥である。
(ただし、行き帰りの交通費がかかる。)
[PR]

by quma56 | 2007-01-20 18:26

カツカレー

仕事があと1時間で終わるというのに、お腹が空いて仕方がなかったので、抜け出してカレーを食べに行った。
量が多いと噂の店だったので、中盛を頼むと、大き目のラーメンどんぶり一杯に出てきた。
サラダもあるし、こりゃ食べきるのは無理だろうと思っていたら、ぺろりと平らげてしまった。
くまごろはたまに、自分でも信じられないくらい飲み食いすることがある。
今日はおそらく昼間の肉体労働で疲れ、少々テンションがハイになっていたためであろう。
月曜日した外食でも、ご飯と豚汁のおかわりをしたりと、近頃食べすぎだ。
心配になって体重計に乗ったが、いつもと変わらなかった。
くまごろの食欲は戻りつつある。
春が近づいている証拠だ。
[PR]

by quma56 | 2007-01-18 21:49 | 食べ物

オーケストラ

今日、近くのオケに入団した。
銚子近くは、楽器をやっている人口が少ないのか、地域に1つしかないらしい。
埼玉では駅ごとにオケがあるくらい多かったので、この差にはびっくり。
5月にドボ8の本番があるらしい。
良い曲だ。
ついで年末には、昨年くまごろが歌った東総の第九の演奏を行うらしい。
以前、第九をやりたくて、合唱の人たちとのコネクションを作るために合唱団に入った。
銚子へ引っ越したことで一からやり直しだとおもっていたが、思いもかけない所で、機会を得ることができた。
不思議なめぐり合わせである。
[PR]

by quma56 | 2007-01-14 22:30 | 音楽

先週の週末、禅の修業体験に京都へ行ってきた。
座禅の座り方から教えてくれる、入門者にもやさしい寺であった。
禅修業とは、先人たちが試行錯誤の末、整えた”無駄のない生活スタイル”を模倣することなのだそうだ。
だから、ご飯を食べるのも、栄養を取ることのみが目的となる。
しかし、食べ物は楽しんで食べたい。
昔読んだオズシリーズでは、オズの国の大学教授が一日の栄養をすべて取れるカプセルを開発し、時間を節約しようとしたのだが、学生は1週間で飲むのをやめてしまった。
くまごろも同じ心境である。

さて、禅修業の効果ではあるが、人間の多い街中に下山したくまごろは頭が痛くなった。
人の気に当てられたのか、はたまた風邪ウイルスによるものかは分からないが、とりあえず座禅等により知覚が敏感になっていたようだ。
世の中は、禅寺にいたような優しいものばかりではない。
悟りでも開ければよかったのかもしれないが、殻を脱いだヤドカリになったくまごろは、新しい殻を見つけるまでに2日かかった。
[PR]

by quma56 | 2007-01-13 19:52 |
line

東京での新生活


by quma56
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31